ニュース公論

油ものがやめられない原因は「脳内麻薬」 仕組み解明・京大

油ものがやめられない原因は「脳内麻薬」 仕組み解明・京大

ついつい食べてしまうラーメンやフライなどの油もの。高カロリーの油脂を多く含む食べ物がやめられない原因として、摂取直後に大量の「脳内麻薬」が分泌され、快感を感じる仕組みがあることを、京都大大学院農学研究科の伏木亨教授らの研究グループが18日までに、突き止めた。

同じ快感レベルの低カロリー油などができれば、肥満防止や改善につながる可能性もあるといい、注目を集めそうだ。26日に京都市で開かれる日本農芸化学会で発表される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060318-00000008-jij-soci

9
別に美味しくて食べてるわけじゃないってことか

19
>>9
美味しいってのも脳内麻薬の影響。

25
だから麺を油で揚げてないラーメンは売れ行きが悪いのか

37
なるほど・・つまりある意味合法ドラッグか、タバコを止めれた俺がやめられないわけだ

77
俺は油ものが大嫌いなのだが。
こいつは俺の脳に欠陥があるとでも言うのか。


79
>>77
別の麻薬様物質で脳みそパンパンなんじゃね?

105
これが本当だったら油脂だけになるはずじゃん 

113
>>105
・他の物が快楽につながらないわけではない
・油脂の摂取で得られる快楽がすっと一定なわけではない
ので、油脂だけになっていない事はこれに対する反証にはならない。


117
つまり デブは薬中ってか・・
隔離しろって事だな


122
読んでるだけで、胸焼けがしてきた。_| ̄|○ il||li

150
揚げ物をガリッとかじったり、ブタの脂身を噛んだりする時に感じる
しあわせな気持ちはこのせいだったのか・・・


158
かっぱえびせんを口にすると止められなくなる理由がわかりました。



bnews.kouron.net

Post navigation