ニュース公論

頭をトラックに轢かれ、自分の頭蓋骨が割れる音を聞いた少年

頭をトラックに轢かれ、自分の頭蓋骨が割れる音を聞いた少年

インディアナ州ミシガンシティの11歳の少年が頭を小型トラックに轢かれたが助かった。
「憶えてるのはトラックが頭の上を通り過ぎた時、頭蓋骨が割れる音が聞こえたんだ。」とキャメロン・シュエット君は語る。
1/7、5年生のキャメロン君は13歳の兄の class="ca">タイラー君と祖父が
枝を切ってトラックに積み込むのを手伝っていた。
二人がトラックの荷台の後部開閉板に座っていたところ、祖父がトラックをバックさせ始め、
キャメロン君は砂利道に落ちた。
祖父のロン・シャーリーさんは初め木の破片でも轢いたのかと思ったが、トラックから降りて
トラックの下にキャメロン君がうつぶせに倒れているのを見つけた。。
「キャメロンはそんなに状態が悪いようには見えなかった。」「ただ頭痛がすると言ってただけなんだ。」とシャーリーさんは言う。
シャーリーさんは彼を病院へ連れていき、検査の結果頭蓋骨がわずかに骨折していることがわかった。

http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2006/01/post_3dad.html

name="more">
bnews.kouron.net

Post navigation