ニュース公論

ヒトES細胞すべてねつ造、ソウル大が最終調査結果

ヒトES細胞すべてねつ造、ソウル大が最終調査結果

1韓国の黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大教授の論文ねつ造問題で、同大調査委員会は10日、最終調査結果を発表、世界で初めてヒトクローン胚(はい)から胚性幹細胞(ES細胞)を作製したと発表した2004年2月の米科学誌「サイエンス」
論文についても「ねつ造」と断定した。
難病治療の切札として世界の注目を集めたES細胞は一つも作製されていなかったことになり、ヒトクローン胚研究が根本から揺るがされる結果となった。

調査委は、2004年の論文で発表された細胞について、「実際はES細胞ではなかった」と結論づけた。クローン技術ではなく、 color="darkbrown">電気ショックを与えることなどで分裂させたものだったという。論文のデータや写真はねつ造されたものだったという。
調査委はすでに、世界で初めて患者組織からES細胞11株を作製したと発表した昨年5月の「サイエンス」誌論文について「ES細胞は存在しなかった」と判定しており、ES細胞は一つも存在が確認されていない。
昨年8月に英科学誌「ネイチャー」に発表されたクローン犬については、DNA分析の結果、クローン技術によって作製された「本物」と判定した。


bnews.kouron.net

Post navigation