ニュース公論

スタローン、「ロッキー」新作の撮影で殴られ失神

スタローン、「ロッキー」新作の撮影で殴られ失神

シルベスタ・スタローンが「ロッキー」シリーズ6作目となる「 color="darkbrown">ロッキー・
バルボア」の撮影中、リングで殴られ失神して病院に運ばれた。

現場のスタッフは最初、リングに頭を打ちつけるようにして倒れたきり動かなくなったスタローンの様子を見て彼の迫真の演技だと思い込み救急車を呼ばなかったのだが、いつまでたっても起き上がってこないので本当に意識不明になっていると気づき、大騒ぎになったらしい。

スタローンの母親、ジャッキーが「最初はみんな倒れた彼を見て演技していると思ってたのね。でも、本当に気を失っていたのよ」「幸い、現在は回復しているわ」と語っている。
同作の撮影は昨年12月の上旬から始まっている。


bnews.kouron.net

Post navigation